TOP OFFICE 大才帝国皇宮府
皇宮府トップ帝室のご活動政策報告閣僚名簿 皇宮府について 採用情報 アクセス

皇帝陛下の御言葉
 陛下の御言葉をご覧になるには、こちらをご覧下さい。
帝国政府の動き

領土(隼領土、植民地、信託統治領を含む) 大才帝国連合加盟国(※クリックで拡大)


政府の最新情報
枢密院  ●陛下御即位30周年式典
首相官邸 ●首相、海洋生物保護会議出席のため、都内ロイヤル・パレス・ホテルへ
帝国議事堂  ●第134回帝国議会
内閣府  ●イーング諸島領土復帰運動
大審院  ●一部地域で陪審員制度認可
内務省  ●警察官応援キャンペーン
●バーメンス州原子力発電所事故調査委員会設置
外務省  ●東グラード保健医療サミット
●捕虜交換会議
海軍省  ●空母『フェルデン』進水式
陸軍省  ●夏季火力演習
空軍省  ●人工衛星S-SAT軌道周回を確認
●ハインセム基地祭
法務省  ●罪刑法定主義に
財務省  ●今期GDP産出高黒字
産業省  ●中小産業支援増進法成立による具体的な資金援助の裁定
運輸逓信省  ●アインタール州南部の大規模通信障害の原因究明中
●ハイウェイ32号線通行止

外交リンク
アクティシア共和国首相府
 ゴード大陸経済協力機構(GOEC)の総会にて話し合われた世界国境線会議に、オーク・シャン・エルダム首相が出席しました。
 植民地などを抱える列強国に対し、支配地域の早期独立を求める意見などが出ましたが、大陸の約7分の3を占める我が帝国は現状維持となりました。
首相動静
 【最新】3671年2月5日 エルダム首相、ア国・マンシュタイン首相の表敬を受ける。
 3671年2月5日、エルダム首相は、アクティシア共和国のマンシュタイン首相の表敬を受けました。マンシュタイン首相との会談では、両国の相互安全保障に関する協力の確認、経済連携や宇宙開発分野での協力、帝国空軍の最新鋭戦闘機や、アクティシア海軍の新型艦の披露などが行われました。その後、ナゼス=ダルカ帝国外交庁ゴード大陸州局局長を交え、三カ国会談が行われました。ティスタリア大陸における帝国の権益の確認、領土、国境線の策定、ティスタリア鉄道に関する協議が行われ、午後からは会談出席者全員でサンリバー市内の小学校を訪問し、児童たちと食事を楽しみました。
国家大案(National Great Plan)中で私が担当している大才帝国についての妄想ページです。フィクションのフィクションです。
TOP OFFICE 大才帝国皇宮府
文章、画像等の無断使用・無断転載禁止
(C) 2010 s7james All Rights Reserved
http://strong7.web.fc2.com/
管理人■自衛無数
Since: Nov 16, 2003, Sun
inserted by FC2 system